新築住宅取得日記ホームページ >>




新築分譲マンションと新築一戸建てのメリットとデメリット

マンションは一戸建てと比べて入手し易いと思います。
また、最近はマンションブームで供給過剰気味なので、買い手市場になっており、良い物件が入手し易いと思います。
しかし、マンションのデメリットもあります。
資産としての価値を考えると一戸建ての方が堅実です。
マンションだと極端な場合資産価値がほとんど無くなってしまうことがあります。特に管理の悪いマンションだと価値の低下は大きいようです。
その点、一戸建てだと最低土地の価格がありますので、場所によっては資産を増やすことができます。
また、地価の下落で一戸建て価格にも値頃感が出てきたことや、性能や設備などの「商品企画」の向上で一戸建て人気が高まりつつあると言われています。
また、マンションだと隣人が誰になるか分からないという不安もあります。

今日はマンションと一戸建てのメリットとデメリットをまとめてみました。

◇マンションのメリット
・駅や交通の便利なところが買える
・戸締りが安心できる
・大規模マンションなら共用施設が充実している
・建物の外回りやエントランスは管理会社が掃除してくれる(はず)
・鉄筋コンクリートに囲まれているので気密性や断熱性が高め
・高層階の住戸だと眺めが良い
・階段を昇り降りしなくてよいので高齢者でも住みやすい
などではないでしょうか

◆マンションのメリット
・庭がない
・上層階ではゴミ出しが面倒なことも
・管理費や修繕積立金を毎月払わなければならない
・上下階や隣の住戸同士の音のトラブルが心配
・管理組合の活動に参加しなければならない
・ペットが飼えない
・建物が古くなっても建て替えが難しい


◇一戸建てのメリット
・庭や駐車場がある
・ペットが飼える
・自由にリフォームできる
・管理費や修繕積立金がない
・子どもが走り回っても気にならない
・建て替えもできる

◆一戸建てのデメリット
・駅から遠い物件が多い
・戸締りが面倒
・日当たりが悪いことも
・3階建てだと階段の昇り降りが高齢者にはたいへん

などです。
難しい選択です。
じっくり考えてみたいところです。



投稿者 kou : 2006年03月05日 21:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/596

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)