新築住宅取得日記ホームページ >>




住宅借入金等特別控除と税金について調べました

住宅を取得する場合、税金の控除が受けられるます。
住宅ローンで新築、購入、増改築したときは、一定の条件があてはまれば、10年間、住宅借入金等特別控除を受けることができます。

控除額の計算
1から8年目まで、住宅ローンの年末残高 x1%= 控除額は最高40万円
9から10年まで、住宅ローンの年末残高 x0.5%= 控除額は最高20万円

どうですか、かなりの金額になります。

一方、マイホームを取得するといろいろな税金がかかります。

○印紙税 
 工事請負契約書或いは不動産売買契約書に、契約金が1000から5000万円のとき、1.5万円の印紙を貼らなければいけません。

○不動産取得税
 地方税です。地区の都道府県税事務所に尋ねて下さい。 

○登録免除税
 土地や建物の登記をするとき登録免除税がかかります。土地や建物の固定資産税評価額の1.0%(売り買い)です。一定の条件を満たせば特例を受けることができ、0.3%の税率になります。

税金はキチンを払いましょう。しかし、特例などをうまく利用すればかなり節税ができますので良く勉強しましょう。




投稿者 kou : 2006年01月29日 21:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/506

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)