新築、増築、改築などに役立つ情報



◇ 新着5件 ◇

◇ 最新投稿記事 ◇

新築分譲マンションと新築一戸建てのメリットとデメリット

マンションは一戸建てと比べて入手し易いと思います。
また、最近はマンションブームで供給過剰気味なので、買い手市場になっており、良い物件が入手し易いと思います。
しかし、マンションのデメリットもあります。
資産としての価値を考えると一戸建ての方が堅実です。
マンションだと極端な場合資産価値がほとんど無くなってしまうことがあります。特に管理の悪いマンションだと価値の低下は大きいようです。
その点、一戸建てだと最低土地の価格がありますので、場所によっては資産を増やすことができます。
また、地価の下落で一戸建て価格にも値頃感が出てきたことや、性能や設備などの「商品企画」の向上で一戸建て人気が高まりつつあると言われています。
また、マンションだと隣人が誰になるか分からないという不安もあります。

今日はマンションと一戸建てのメリットとデメリットをまとめてみました。

◇マンションのメリット
・駅や交通の便利なところが買える
・戸締りが安心できる
・大規模マンションなら共用施設が充実している
・建物の外回りやエントランスは管理会社が掃除してくれる(はず)
・鉄筋コンクリートに囲まれているので気密性や断熱性が高め
・高層階の住戸だと眺めが良い
・階段を昇り降りしなくてよいので高齢者でも住みやすい
などではないでしょうか

◆マンションのメリット
・庭がない
・上層階ではゴミ出しが面倒なことも
・管理費や修繕積立金を毎月払わなければならない
・上下階や隣の住戸同士の音のトラブルが心配
・管理組合の活動に参加しなければならない
・ペットが飼えない
・建物が古くなっても建て替えが難しい


◇一戸建てのメリット
・庭や駐車場がある
・ペットが飼える
・自由にリフォームできる
・管理費や修繕積立金がない
・子どもが走り回っても気にならない
・建て替えもできる

◆一戸建てのデメリット
・駅から遠い物件が多い
・戸締りが面倒
・日当たりが悪いことも
・3階建てだと階段の昇り降りが高齢者にはたいへん

などです。
難しい選択です。
じっくり考えてみたいところです。

2006年03月05日 投稿者 kou : 21:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅借入金等特別控除と税金について調べました

住宅を取得する場合、税金の控除が受けられるます。
住宅ローンで新築、購入、増改築したときは、一定の条件があてはまれば、10年間、住宅借入金等特別控除を受けることができます。

控除額の計算
1から8年目まで、住宅ローンの年末残高 x1%= 控除額は最高40万円
9から10年まで、住宅ローンの年末残高 x0.5%= 控除額は最高20万円

どうですか、かなりの金額になります。

一方、マイホームを取得するといろいろな税金がかかります。

○印紙税 
 工事請負契約書或いは不動産売買契約書に、契約金が1000から5000万円のとき、1.5万円の印紙を貼らなければいけません。

○不動産取得税
 地方税です。地区の都道府県税事務所に尋ねて下さい。 

○登録免除税
 土地や建物の登記をするとき登録免除税がかかります。土地や建物の固定資産税評価額の1.0%(売り買い)です。一定の条件を満たせば特例を受けることができ、0.3%の税率になります。

税金はキチンを払いましょう。しかし、特例などをうまく利用すればかなり節税ができますので良く勉強しましょう。


2006年01月29日 投稿者 kou : 21:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

新築の家が欲しいパパの日記です

46歳の二人の子持ちのパパです。
賃貸マンションに約15年住んでます。
子供が大きくなったので、新築に住み替えたいと思ってます。
しかし、バブルのときと比べ安くなったといえ、便利の良いところだと3000万円以上のところが多いです。今から30年以上のローンを組まないといけないと思うとぞっとします。
持ち家を持つのは今回が初めてなので、分からないことだらけです。
家の設計から、税金、住宅ローンなどなど。

持ち家を持つまでの日記を公開して、皆様と情報を共有していきたいと思います。
コメントやアドバイスをお待ちしておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。


2006年01月29日 投稿者 kou : 21:52 | コメント (0) | トラックバック (0)